公益財団法人長浜曳山文化協会 曳山博物館

「長浜曳山祭」とは

安土桃山時代、長浜城主であった豊臣秀吉に男子が生まれました。喜んだ秀吉は、城下の人びとに砂金を振る舞い、町民がこれをもとに曳山をつくり長浜八幡宮の祭礼に曳き回したのが始まりといわれています。江戸時代曳山を所蔵する各山組は競って曳山を改造し、豪華な装飾品を用いるなど贅をつくしました。現存する曳山はその頃につくられました。最大の呼び物は、5~12際の男の子によって豪華絢爛な曳山の舞台で演じられる子ども歌舞伎。大人顔負けの熱演は、見物客の拍手喝采を浴びます。

企画展・特別展

曳山博物館では、400年以上続く長浜曳山まつりに纏わる各種の資料を展示する企画展、特別展を開催しております。

過去の企画展・特別展を見る

企画展 大通寺の美術と町衆文化―町衆文化の発信源としての御坊さん―

期間 平成31年4月27日(土)~5月26日(日)

終了

本展は、長浜別院大通寺における親鸞聖人七百五十回忌遠忌に合わせて行われるもので、大通寺と長浜町衆の関係を、特に文化的な繋がりに着目して皆様にご紹介する内容となっています。長浜曳山祭を今日まで支えてきた...

特別展 歌舞伎-誕生から子ども狂言まで-

期間 平成31年1月31日(木)~3月3日(日)

終了

長浜市曳山博物館(館長:岡本保男)では特別展「歌舞伎-誕生から子ども狂言まで-」を開催します。 長浜曳山祭で演じられる「子ども狂言(歌舞伎)」は、慶長8年(1603)に出雲阿国が京都で創始した「ややこ...

展示中の曳山

曳山博物館では、次の年の祭りに出場する本物の曳山を4基収蔵し、2基ずつ展示しています。
江戸時代の長浜の伝統的な職人技術の粋を集めた本物の曳山を御覧ください。毎年4月第1土曜日に曳山を入れ替える「曳山交替式」が行われます。

  • 靑海山
    靑海山
  • 諫皷山
    諫皷山

現在展示中

  • 春日山
    春日山
  • 月宮殿
    月宮殿

7月1日より展示開始

催し物・イベント

曳山博物館は、展示以外にも各種のイベントを開催しております。
また、長浜で開催されるイベント会場としても広場や伝承スタジオを貸し出しております。

過去の催し物・イベントを見る

博物館 【伝承委員会支援】「曳山文化教室工芸体験(蒔絵)」滋賀銀行長浜支店で作品展示

期間 2019年 5月15日(水)~6月14日(金)

長浜市立西中学校の総合学習「曳山文化教室」で生徒が制作した作品(平成30年度4講)を、滋賀銀行長浜支店にて展示していただきました。 蒔絵は当財団の伝承委員が制作の指導に協力しました。  

博物館 【伝承委員会支援】長浜市立西中学校1学年総合学習「長浜曳山文化教室」第1講『曳山生きもの探し』

期間 平成31年4月16日(火)

終了

長浜曳山祭の本日(4月16日)長浜市立西中学校1学年総合学習「長浜曳山文化教室」が開催されました。 まつりや山蔵で公開されている曳山について伝承委員による曳山の解説が行われ、生徒は飾金具や彫刻などに見...