修理ドックの様子

曳山博物館は、曳山を解体して修理をするドックを設けており、浜仏壇の職人たちの手によって修理が行われています。

修理ドックの様子 写真

仏壇が庶民に普及した江戸前期以後の長浜では、真宗門徒の信仰の厚さから浜壇といわれる仏壇造りが発展してきました。

修理ドックの様子 写真

現在の曳山がつくられたのも、浜壇の普及と同じころで、名彫刻師であった初代の藤岡和泉が、和泉壇といわれる浜壇の様式を確立しました。

その後、他の曳山も18世紀から19世紀にかけて、現在の曳山を藤岡和泉一門が作っていきました。

修理ドックの様子 写真

曳山の舞台や屋台の造り、唐破風の形や色、前柱の飾り金具、漆塗などの曳山の製造技術は浜壇と共通するものが多くあります。

浜仏壇工芸会には、木地師、塗り師、錺金具師、蒔絵師、木彫師という五つの専門職人おり、脈々と伝わってきた技で、曳山を修理しています。



長浜市曳山博物館

滋賀県長浜市元浜町 14-8

TEL 0749-65-3300 FAX 0749-65-3440

JR長浜駅より徒歩7分、
長浜ICより車で10分

お得な割引チケットはこちら

開館時間 9:00〜17:00(入館16:30) 休館日:12/29〜1/3

※悪天候により、長浜市に「大雨、暴風、大雪等を含む特別警報」および
 「暴風を含む警報」が発令された場合、臨時休館する場合がございます。
 詳細は曳山博物館(0749-65-3300)にお問い合わせ下さい。

※展示替え等により、臨時休館する場合がございます。

観覧料 大人600円 小人300円 団体20名以上2割引