酔いしれるほどの名演技
子ども歌舞伎について

子ども歌舞伎とは

 長浜曳山祭の一番の見所は子ども狂言(歌舞伎)です。
 長浜では歌舞伎のことを「狂言」または「芸」と呼び、曳山を持つ町(山組)の5歳から12歳くらいまでの男子によって演じられます。通常の歌舞伎と同じように、子ども歌舞伎にも立役と女方があり、立役を演じる男子の迫力や勇ましい姿、女方を演じる男子の艶やかさや可憐な姿は多くの人々を魅了します。

 演目は曳山の正面にある四畳半の舞台と子ども役者用にアレンジされます。また、毎年新しい演目が演じられ、長浜独自の外題(題名)がつけられます。毎年入れ替わりで4基の曳山が出番山として登場し、それぞれの曳山で外題が演じられます。
 上演時間は約40分で、本番の前に行われる線香番と呼ばれる公開稽古で時間が計られます。子どもたちの稽古は振付師の指導により、3月下旬(春休み)から4月の祭り本日まで約3週間行われ、まず読み習いがあり、それに続いて立ち稽古を行い、最終的に三味線・太夫と合わせて本番を迎えます。各山組で厳しい稽古を積んだ子どもたちの立ち居振る舞いはそれぞれ個性があり、大人顔負けの名演技を披露します。

 長浜の子ども狂言(歌舞伎)は、寛保2年(1742)の台本や、明和6年(1769)以降の外題記録などの資料から、1700年代から行われていたことがわかっています。長浜の町衆は祭礼に出る曳山と当時流行っていた歌舞伎をつないでいち早く取り入れ、街中を巡行させて移動芝居の場に仕立て、今日あるような祭礼をつくりあげました。

 

 

平成30年度長浜曳山祭 外題および三役

猩々丸 

ー谷嫰軍記 熊谷陣屋の場

振付
千川 貴楽
太夫
竹本 美功太夫
三味線
豊澤 龍三(三役修業塾)
猩々丸

あらすじ

 源平合戦の折、一谷の熊谷陣屋に、源義経の家来熊谷次郎直実の妻相模と敵方の平敦盛の母藤の方が、それぞれ初陣である、熊谷の息子小次郎と敦盛の安否が気がかりで訪ねてくる。
 そこへ沈痛な面持ちの熊谷が帰ってくるが、思いがけない妻相模と藤の方の姿に驚く。実は、熊谷は藤の方の息子敦盛を討ち果たしていた。熊谷は、戦場の様子を丁寧に物語り、藤の方は涙にくれる。
 陣屋には、敦盛の首を実検するため主君義経が待っていた。首は敦盛ではなく熊谷の息子小次郎のものであったが、義経は敦盛だと断言した。実は、敦盛の本当の父親は後白河法皇であり、敦盛の命を助けよと義経は熊谷に命じていた。主命にこたえるため、熊谷は同じ年頃の息子小次郎の首を身代わりにしたのだった。相模は出立前の小次郎の笑顔を思い出し涙にくれ、事態を知った藤の方も呆然となる。
 また、この陣屋に、平家にかかわりある石屋の弥陀六がいたが、弥陀六はその昔、幼い義経の命を助けた平宗清という平家の侍だった。宗清の顔を覚えていた義経は恩に報いるように、藤の方と敦盛を弥陀六に託す。
 子を失い、生きる意味を失った熊谷は、戦乱の世の無情を感じ、息子小次郎が生まれてからの十六年の月日が夢のようだと呟きながら、出陣の太鼓鳴り響く戦場を離れ、出家し行脚の旅に出る。

壽山 

山内一豊とその妻千代 似合夫婦出世絏 長浜 一豊の屋敷

振付
水口 一夫
太夫
竹本 朋太夫
三味線
豊澤 勝二郎
壽山

あらすじ

 千代は長浜の屋敷で夫の無事をただ、ただ祈り続ける。そんな願いが通じたのか、一豊と家来が戦から無事戻ってくる。
 安堵した千代だが、一豊の頬の傷に気づき、その訳を尋ねる。一豊は「この傷こそ功名の証」と手柄話を聞かせるが、その時に大切な馬を失ったのが残念でならないと千代に伝える。
 それを聞いた千代は、夫のために自分の衣服や黒髪を売ってでもと考える。最後には女の命ともいうべき鏡台に願いをかけて叩く。
 すると中から金十両と夫の大事に用立てるべしとの母の手紙が……。
 それを見た千代は夢見心地と大喜びする。

鳳凰山 

恋飛脚大和往来 梅川 忠兵衛 新口村の場

振付
岩井 小紫
太夫
竹本 賀桐太夫(三役修業塾)
三味線
豊澤 賀祝(三役修業塾)
鳳凰山

あらすじ

 浅葱幕を振り落とすと、忠兵衛と梅川が黒の裾模様の立姿。飛脚問屋の亀屋忠兵衛は、大阪新町の遊女梅川と深い仲なれど、梅川を張り合って居た友達の八右衛門の挑発に乗り、ついお屋敷の金に手を付けてしまった。公金横領の罪である、その金で梅川を身請けして二人で逃げた。
 忠兵衛は実の親の顔が見たいと、生まれ故郷の新口村へ辿り着く。付き合いのある忠三郎を訪ねたが、出て来たのは女房であった。お上から詮議を受け、この辺りは大騒ぎ、兎に角夫を呼んでくると家を出た。後に二人が家に潜んで居る所へ、萬歳と才造が仕事への道中、不出来な所を案じて、今ここで稽古をと思い付きおさらいをする。上手く出来たと両人は喜び、急ぎながら去ると、入れ替わる様に親孫右衛門の姿が、なんと雪に足を取られて転び、鼻緒が切れた。梅川は飛び出で介抱や鼻緒を挿げる。その様子を見て、さては息子がと悟り、養い親の為にも縄に掛かってくれとは言う物の、逃げて欲しいとの親心、金子迄渡す。又顔を見れば、縄を掛けなくてはならない。せめて手先でも触りたいとの事に、梅川は自分の為に、罪人にしてしまった事を詫び、手拭いで目隠しをして忠兵衛に逢わせる。親子は対面が出来抱き合う。そこへ追手の太鼓の音が、名残惜しいが悲しい別れ。孫右衛門は雪の中へ消えて行く二人の姿を……

髙砂山 

玩辞楼十二曲の内 義士外伝 土屋主税

振付
市川 団四郎
太夫
竹本 乾太夫
三味線
豊澤 和雄
髙砂山

あらすじ

 赤穂の浪士・大高源吾は討ち入りの前夜、俳句の宗匠・宝井其角の邸を訪れる。先客の門人、細川家・落合、川島の俳句より故主・浅野侯の仇討ちの志を問われるも、源吾は我が心中を秘して不甲斐なき不忠の武士を装い、これを辞去しようとする。其角はその本心を試すべく「年の瀬や、水の流れと、人の身は」と読みかけるが、只、「明日待たるる、其の宝船」とのみ付け句して去って行く。其角はじめ一同は、この付け唄に見事惑わされ・・・・・・。
 さて翌日、吉良の隣家・土屋主税は其角らを呼び俳会を催すが、落合等は腰元・お園が大高源吾の妹と聞き、同席するも身の汚れと言い捨て退去する。残されたお園は自害を図るが、主税は「宝船」の付け句から源吾の真意が仇討ちにあることを看破し、お園に兄の心底を言い聞かせる。
 と、その時! 隣家吉良邸より剣戟の音・・・・・・。

 

子ども歌舞伎名場面映像

  • 【猩々丸】一谷嫩軍記 熊谷陣屋の場いちのたにふたばぐんき くまがいじんや ば

  • 【鳳凰山】

    恋飛脚大和往来 梅川忠兵衛 新口村の場こいびきゃくやまとおうらい うめがわ ちゅうべえ にのくちむら ば

  • 【高砂山】玩辞楼十二曲の内 義士外伝「土屋主税」がんじろうじゅうにきょく うち  ぎしがいでん つちやちから

  • 【壽山】山内一豊やまうちかずとよとその妻千代つまちよ 似合夫婦出世絏にあいのめおとしゅっせのひきつな 長浜一豊ながはまかずとよの屋敷やしき