酔いしれるほどの名演技
子ども歌舞伎について

子ども歌舞伎とは

 長浜曳山祭の一番の見所は子ども狂言(歌舞伎)です。
 長浜では歌舞伎のことを「狂言」または「芸」と呼び、曳山を持つ町(山組)の5歳から12歳くらいまでの男子によって演じられます。通常の歌舞伎と同じように、子ども歌舞伎にも立役と女方があり、立役を演じる男子の迫力や勇ましい姿、女方を演じる男子の艶やかさや可憐な姿は多くの人々を魅了します。

 演目は曳山の正面にある四畳半の舞台と子ども役者用にアレンジされます。また、毎年新しい演目が演じられ、長浜独自の外題(題名)がつけられます。毎年入れ替わりで4基の曳山が出番山として登場し、それぞれの曳山で外題が演じられます。
 上演時間は約40分で、本番の前に行われる線香番と呼ばれる公開稽古で時間が計られます。子どもたちの稽古は振付師の指導により、3月下旬(春休み)から4月の祭り本日まで約3週間行われ、まず読み習いがあり、それに続いて立ち稽古を行い、最終的に三味線・太夫と合わせて本番を迎えます。各山組で厳しい稽古を積んだ子どもたちの立ち居振る舞いはそれぞれ個性があり、大人顔負けの名演技を披露します。

 長浜の子ども狂言(歌舞伎)は、寛保2年(1742)の台本や、明和6年(1769)以降の外題記録などの資料から、1700年代から行われていたことがわかっています。長浜の町衆は祭礼に出る曳山と当時流行っていた歌舞伎をつないでいち早く取り入れ、街中を巡行させて移動芝居の場に仕立て、今日あるような祭礼をつくりあげました。

 

 

平成31年度長浜曳山祭 外題および三役

翁山 

碁太平記白石噺 新吉原揚屋の場

振付
岩井 小紫
太夫
竹本 甚太夫(三役修業塾)
三味線
豊澤 賀祝(三役修業塾)
猩々丸

あらすじ

 江戸新吉原は昼をあざむく歓楽街。
 揚屋大黒屋・惣六は、かどわされそうに成っていた田舎娘・信夫を救い店に連れて帰ってきた。奥州から来た田舎娘の方言丸出しの話を、遊女たちは面白がって聞き、なぶりものにする。
 宮城野は太夫職と言う遊女の最高位につき、全盛を誇って居る。信夫の話を聞いているうちに、妹で有ることがわかり、信夫も探していた姉であったかと喜び合う。宮城野は父が無残にも殺された事を知り、驚き、癪を起す。信夫は介抱し、仇が討ちたいと訴える。
 二人が仇討ちの決心をした所へ、様子を残らず聞いて居た惣六があらわれ、「曽我物語」に例え、時期を待ち十分に修練をしてから仇を討てと、姉妹をさとす。
 惣六は宮城野の、年季証文と吉原大門の通行手形を与え二人を出立させる。

常磐山 

一條大蔵譚

振付
川村 和彦
太夫
竹本 賀桐太夫
三味線
豊澤 湊祝(三役修業塾)
壽山

あらすじ

 平家全盛の世。平清盛は宿敵源義朝の後室常盤御前を探し出し、義朝の遺児三人の命と引き換えにわが物としますが重盛に諌められて、うつけ者として知られた一條大蔵卿長成に妻として下げ渡します。六韜三略の兵書を伝える吉岡家の次男・鬼次郎は妻のお京と共に都に入り、この大蔵卿に接近し、常盤御前に今も源氏を忘れぬ志があるかをたしかめた上で救出しようとしていました。大蔵卿の家老・八剣勘解由と妻の鳴瀬に近づき、演能の帰りに大蔵卿を待ち受けたお京は首尾よく女狂言師として抱えられることとなります。
 鬼次郎は邸内に忍び込み、お京から様子を聞きますが、常盤は一向に悲しむ様子もなく楊弓に夢中の様子。落胆した鬼次郎は常盤を懲らしめようと部屋へ押し入り折檻しますが、常盤は楊弓の的の下にした清盛の絵に向かって矢を射り、平家調伏を行っていたのでした。鬼次郎夫婦が詫びると、スパイである勘解由が二人を捕らえようとします。すると御簾の影から長刀が一閃して勘解由を倒します。
 現れたのは、毅然たる貴公子の大蔵卿。驚く一同。実は大蔵卿は元は源氏につながる身ですが、平家に媚びへつらうのを嫌い、長年の間、作り阿呆を装ってきたのだと明かします。勘解由を誅し、源氏の重宝友切丸を鬼次郎を通じて言付けると大蔵卿は元の阿呆に戻って生活するのでした。

萬歳樓 

鳥辺山心中

振付
三 桝  清次郎
太夫
常磐津 都代太夫
三味線
常磐津 三之祐
鳳凰山

あらすじ

 若松屋の勤め人・お染は初めて店に出た日に、江戸から来た旗本・菊池半九郎に見初められた。それ以来、半九郎はお染の店へ揚げ詰めに通っていた。ある夜、お染は店を抜け出し訪ねてきた父親の与兵衛と茶屋・花菱屋で会い、半九郎への感謝を語り合っていた。そして、与兵衛は半九郎とお染のために準備した正月用の着物を渡し帰って行った。
 その後に現れた半九郎は、急に将軍が江戸に帰ることとなったために自分も京都を去ることになったとお染に告げる。そこへ半九郎の同輩・坂田市之助とお染の同僚・お花がやって来て酒宴となる。半九郎は市之助に家宝の刀を売りたいと相談を持ちかける。理由を尋ねる市之助に半九郎はお染を自由の身にして親元に帰してやりたいと話すが、市之助はそれを諌めて酒を飲み続ける。
 そんな中、市之助の弟・坂田源三郎が遊び歩いている兄を連れ戻しに来る。しかし、市之助は適当にあしらって、その場から逃げてしまう。源三郎は残った半九郎に怒りをぶつける。お染はそれをなだめようとするが、源三郎はお染を突き飛ばし半九郎を罵る。生来短気な半九郎は酒に酔っていたこともあり源三郎に激怒し、二人は刀を手に外へ出て行く。
 斬り合いの末、半九郎は源三郎を殺めてしまう。その罪を認め潔く切腹すると言う半九郎にお染は一緒に死なせてほしいと訴える。それを承知した半九郎とお染は与兵衛が届けてくれた正月用の着物を死に装束として鳥辺山へと向かうのだった。

孔雀山 

勧進帳

振付
千川 貴楽
太夫
竹本 乾太夫
三味線
豊澤 龍三(三役修業塾)
髙砂山

あらすじ

 鎌倉幕府将軍である兄・源頼朝に謀反の疑いをかけられた義経たちは追われる身となり奥州へ向かっていた。道中の加賀国・安宅の関で、義経一行は武蔵坊弁慶を先頭に山伏の姿で通り抜けようとするが、関守の富樫左衛門には山伏姿の義経たちを捕えるよう命令が下されていた。
 そこで武蔵坊弁慶は機転を利かせて、焼失した東大寺を再建するため勧進を行っているのだと話す。すると富樫は、弁慶に勧進帳を読むように命じるのだった。もちろん勧進帳など持っていない弁慶はたまたま持っていた巻物を勧進帳であるかのように装い、朗々と読み上げる。その後も一行は山伏を演じきり、関所を通る許しを得る。
 しかし、ふとしたことから強力が義経ではないかと疑われてしまった。緊迫した状況のなか、弁慶は義経をどこまでも強力として扱い、杖で打ち据える。それを見た富樫は頼朝の命を破り、一行を通してやるのだった。