曳山を彩る絵師たちⅣ「横山清暉」

長浜市曳山博物館(館長:岡本保男)では「曳山を彩る絵師たちⅣ 横山清暉(よこやませいき)」を開催します。

長浜曳山祭の曳山(ひきやま)「常磐山(ときわざん)」の舞台障子腰襖(ぶたいしょうじぶすま)を作画した横山清暉(1793~1865)は平安四名家の一人に数えられ、幕末期の京都画壇を代表する四条派の画人ですが、現在まで全くまとまった作品展示が行われていません。また、単独の展示解説図録・作品集等は皆無であり、今回の企画展が史上初めての展覧会となります。

本展を通して、横山清暉の業績と優れた画技を再認識して頂ければ幸いです。

企画展情報

開催期間:
令和元年7月19日(金)~9月1日(日)
会場:
長浜市曳山博物館 1F曳山展示室
開館時間:
9時~17時(入館は16時30分まで)
入場料:
大人600円、小中学生300円
※20名以上の団体は2割引、長浜市・米原市の小・中学生無料。
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳等をお持ちの方及
び付添いの方1名は無料。(手帳等証明書をご提示ください)

展示説明会

日時:
令和元年7月20日(土)午後1時30分から
場所:
長浜市曳山博物館 1F曳山展示室
説明者:
長浜市曳山博物館 学芸員
参加費用:
※予約不要・要入館料

パンフレットダウンロード

ファイル種類:PDF  サイズ:0.8MB

展示資料画像

孔雀牡丹図 滋賀県立琵琶湖文化館蔵
菊白頬鳥図(常磐山舞台障子腰襖) 呉服町組常磐山蔵